TOP

安くて美味しい最強の水

いざ、ウォーターサーバーを比較しようとしても、メーカーが多すぎて悩むことも多いのではないのでしょうか。

「種類が多すぎて、全てを比較しきれない
飲み水にも料理にも使えるウォーターサーバーはどれだろう」
一年間にかかる価格の比較表が見てみたい」

というようにウォーターサーバーを比較する際のポイントは様々です。

そこで、主要メーカーを徹底比較し、あなたが本当に必要とするウォーターサーバーを見つけていただきます。

生きるために欠かせない“水”を、自分自身の好みに合わせたウォーターサーバーの水を取り入れると、健康的になるなど生活の質はガラリと変わります。

当サイトでは、みなさんの生活の質をさらにあげてくれる厳選したウォーターサーバーの価格、用途といったポイントから徹底比較いたします。

それでは、さっそくウォーターサーバーの比較のポイントから見ていきましょう!

ウォーターサーバーを比較するときの見るべきポイント!



自分にあうサーバーはこれだ!



さて、先ほど述べましたように、ウォーターサーバーを比較するといいましても、比較するべきポイントは、たくさんあります。

よくあるのが、すべての観点を1つにまとめて他社と比較して、総合評価の比較に加えて、価格や、水質といった項目ごとに分けて、各ウォーターサーバーの比較するべきポイントもまとめました。

ウォーターサーバーは各メーカーによりミネラルウォーター、天然水、RO水といった水の種類が違うことも。この水の種類により、味や成分といったウォーターサーバー比較の際に重要なポイントまで変化することもあるため、注意が必要です。

そのため、ウォーターサーバーの比較するべきポイントを、きちんと把握することは、自分自身にあうウォーターサーバーを比較するうえで非常に重要です。

化粧品や、薬と同じように、ウォーターサーバーは、あなた自身が必要としているニーズを満たすようにみつけなければいけません。

たとえ、お隣に住んでいるAさんが「Bのウォーターサーバーが良かったわよ~」とおっしゃってくれたとしても、あなたに合うのはCのウォーターサーバーかもしれません。

ここまで紹介してきた価格、水質といったポイントを比較しながら、あなたにあうウォーターサーバーを見つけていきましょう!

次項では、ウォーターサーバーを総合評価した際のランキングについて、ご紹介していきます。


ランキング形式でウォーターサーバーを徹底比較



おすすめのウォーターサーバーがひと目で分かる

さて、今までウォーターサーバーを比較するときに、ご注意いただきたいポイントについて述べてきましたがいかがでしたでしょうか。

ここでは、数ある3種についてランキング形式で比較していきます。ランキングを見れば、ひと目で各ウォーターサーバーを比較した際のそれぞれの魅力がお分かりいただけます。

それぞれ比較した際に、魅力的であることには、間違いないのですが、比較した際の売りにしているもの、つまり“特徴”は違います。

ここでは、それぞれの“特徴”を含めた総合評価ランキングで比較することで、よりよいウォーターサーバーをみつけられます。

ウォーターサーバーを比較するために、各種についてさらに詳しく知りたい方は、ランキングに記載されているリンクをクリックすれば、詳細をご覧いただけます。

それでは、さっそくランキングを見ていきましょう!

ランキング第1位

  • 天然水
  • フレシャス
  • 使い捨て型ボトル
  • 12L 1,760円~
  • レンタル代、メンテナンス、送料 無料
  •       
  • 定期注文の期間 2~4週間
  • 最低ノルマ 2本から


はえあるウォーターサーバーのランキング第1位は、天然のバナジウムというミネラルを多く含むこと。他メーカーと比較しても、含有率は、堂々の第1位です。これこそ、ランキンが1位の最大の理由。

このバナジウムというのは、血糖値を下げる効果が認められています。この効果は、近年増えている生活習慣病の予防にもなるため、美容や、健康に気を付ける人に、特におすすめです。

また、このように他ウォーターサーバーと比較した際に大量のバナジウムを含むにも関わらず、水の価格は他メーカーと比較しても変わらない、というところもランキングが1位になった理由の一つです。

ランキング第2位

  • 天然水
  • クリクラミオ
  • 使い捨て型ボトル
  • 8L 1,100円~
  • レンタル代、メンテナンス、送料 無料
  •       
  • 定期注文の期間 最大6週間
  • 最低ノルマ なし


ウォーターサーバーのランキング第2位は、定期注文の期間が最大6週間、と長いのが特徴。

また、他ウォーターサーバーと比較すると、注文する際に頼む水の最低ノルマがないのも嬉しい点のひとつ。一人暮らしや女性の方など、消費量が少ない人におすすめです。

消費量が少ない方にも最低ノルマが課されていない、といったポイントから、ランキング第2位に輝きました。

ランキング第3位

  • 天然水
  • コスモウォーター
  • 使い捨て型ボトル
  • 12L 1,800円~
  • レンタル代、メンテナンス、送料 無料
  •       
  • 定期注文の期間 7、10、15、20、1ヶ月
  • 最低ノルマ 2本から


ウォーターサーバーのランキング第3位は、自動クリーニング機能や、水を持ち上げずにセットできる、という点があります。この自動クリーニング機能は、ウォーターサーバー内部を清潔に保つために必要不可欠です。

そのため、ランキング第3位に。

また、他メーカーは、まだまだ、水をウォーターサーバーの上に取り付けるタイプがほとんどであることと比較すると、水をもちあげずに済む、というのはご高齢の方や、女性には嬉しいシステムなのではないでしょうか。

と、いうのもウォーターサーバーの水は少なくとも10L以上のことが多く、これを自分自身の腰の高さ以上に持ち上げるというのは至難の業です。

持ち上げる必要がなくなったということは、他メーカーと比較して、より簡単に使えるようになったということであり、この点でもランキング3位に見事選ばれました。


以上、ランキング形式で、ウォーターサーバーを比較してきましたが、気になるウォーターサーバーは見つかりましたでしょうか。

価格についてのランキング、といったあるポイントについての比較ランキングは、こちらにまとめましたので併せてごらんくださいませ。

次項では、ウォーターサーバー導入する際に気になる価格の比較についてご紹介していきます。

価格で選ぶならおすすめのウォーターサーバーはコレだ!

お得においしい水を飲もう!

前項では、ウォーターサーバーをランキング形式でご紹介いたしました。

ウォーターサーバーは、購入するよりレンタルするほうが近年主流です。
そこで、そんな魅力いっぱいのウォーターサーバーをサイズは、メーカーにより異なりますが、1ボトル5L~30Lほどが多いです。

1ボトルのサイズが大きくなればなるほど安い、ということはなく、単位量あたりの価格で比較すると値段は、ほぼすべて同じです。

次に水を届けてもらう際の送料について比較します。

送料は商品の水をメーカーに届けてもらう際の価格です。基本的に、ウォーターサーバーの水の購入は、一か月ごとに、決められた量の水が届くタイプか、手元に水がなくなる度、届けてもらうタイプかの2択です。

基本的に配送料は無料のことが多いですが、注文する際の最低本数が設けられていることも多いため、ご注意ください。

ウォーターサーバーのレンタル料金とメンテナンス価格とは、各メーカーが定めたウォーターサーバー機器本体のレンタル価格と、サービスを安心して使うためのメンテナンス価格のことです。

これら2つの価格をウォーターサーバーごとに比較すると、メーカーによっては無料のところもあります。

ウォーターサーバーを比較する際にチェックしておきたいポイントの一つです。


最後に、電気代についての比較です。

電気代は、ウォーターサーバーが高温(80度)のお湯の提供も可能のためです。アルピナのウォーターサーバーを使った際の1ヶ月の価格、そしてアルピナの特徴について簡単にまとめました。

ここでは、ウォーターサーバーをレンタルする際の人数ごとに、まとめてみました。

人数 ボトル代 レンタル料 月の価格 1人 12L×2 (948円×2) 572円  2,468円 2人 12L×3 (948円×3) 3,416円 3人 12L×5 (948円×5) 5,312円 となっています。

人数ごとに比較すると、人数が増えれば増えるほどお得なようです。 これに電気代の1,000円を足した価格が月にかかります。

他ウォーターサーバーと比較しても、1ヶ月間の価格が3,000円をきるのはとても珍しいです。

アルピナは、エターナルボトルという再利用型ボトルを使用しています。そのため、メンテナンス料が無料の点、そして2年ごとにウォーターサーバーを新しいウォーターサーバーに無料で交換できるという点は、他ウォーターサーバーと比較しても圧倒的にお得です!

ここでは、ウォーターサーバーの価格について比較するなど、今まではウォーターサーバーについての総合的ポイントから比較してきました。 ここからは、実際に使う際のポイントから比較していきたいと思います。

実は、最近ウォーターサーバーを契約する際に、小さい子供にとっても安心して飲める水を導入したい、という理由が増えています。

次項では、そんなお子さんがいる家庭のために赤ちゃんが飲むのに適している水、という観点からウォーターサーバーを比較していきます。

安全な水を赤ちゃんのために取り入れよう!



家族全員に安心な水はどれ?

今までは、ウォーターサーバーのランキングについて比較してきました。

ここでは、実際ウォーターサーバーを利用する際に気になる安全面というポイントから、赤ちゃんが飲むとしても安全な水を比較するときに気になるポイントをご紹介していきます。

ウォーターサーバーを飲む理由として、お子さんが生まれそうだったりや、赤ちゃんが既にいらっしゃることが増えています。

では、大人と比較してミネラルを分解する腎臓ができあがっていないためです。

そのため、ミネラルウォーターを始めとして、ウォーターサーバーの赤ちゃんに向いていません。

ただ、水道水にもいくらかのミネラルは含まれます。

この水道水と比較すると、ウォーターサーバーが提供するRO水のミネラル量は限りなく0に近く、赤ちゃんにも優しいです。

このウォーターサーバーに含まれるミネラルというのは、硬度という数値で比較できます。この硬度が低ければ低いほど、含まれるミネラルは少なく、ミネラルが多いものと比較して赤ちゃんの負担も少ないです。

水道水の硬度が全国平均40程度であるのに比較して、ウォーターサーバーのRO水では1以下、と顕著な差が見て取れます。

そのため、RO水は、水道水と比較して格段に赤ちゃんに優しいです。

また、ウォーターサーバーは各メーカーが、水質検査を定期的に行いホームページに公表している、という点も水道水と比較して赤ちゃんに優しいポイントです。

もうひとつ、赤ちゃんが飲むための水として考慮することは、pH。このpHというのは、赤ちゃんが飲む水は、できるだけpHが7.4に近いことが好ましいです。

水道水では、このpHの範囲が、5.8~8.6とされており幅が広いのも、不安点の1つ。

これと比較して、RO水を提供するウォーターサーバー、たとえばアルピナウォーターはpHが7.5と明確に決められています。そのため、水道水と比較した際に、赤ちゃんにより適している、ということ。

以上のように、赤ちゃんが使うとしても安心な水として、水道水とウォーターサーバーについて比較してきましたがいかがでしょうか。

ただ、赤ちゃんのために水を綺麗にするとしても、ウォーターサーバーではなく、浄水器で充分なのではないか、と思う方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

価格をなるべく安くおいしい水を飲みたい!と考え始めると、ウォーターサーバーに加えて候補にあがるのが、「浄水器」だと思います。

次項では、浄水器とは何か、という点、そしてウォーターサーバーとの違いの点についての比較をしていきます。


浄水器?ウォーターサーバー?結局、どちらを選ぶべき?





今までは、赤ちゃんにとっても、安心の水について、水道水とウォーターサーバーを比較してきました。

しかし、水道水より安全で、なおかつ安いものを選ぶなら、ウォーターサーバーのほかに浄水器、という選択肢も実はあります。ここでは、価格、メンテナンス、水の種類を見ていきましょう!!

まず、価格について比較していきます。

ウォーターサーバーを使用した際は、水の価格に加えて、サーバー代など、月々5,000円以上は少なくともかかります。

しかし、これと比較すると、浄水器は、浄水器本体の値段と、月々のカートリッジ料金1,000円程度が必要なだけです。

ただ、実は、価格以外は、浄水器とウォーターサーバーで比較すると、ウォーターサーバーのほうが利点のほうが多いです。

それをあらわす理由として、メンテナンスと水の種類があります。

まずは、メンテナンスについて比較していきましょう。

ウォーターサーバーは、年に数回のメーカーによるメンテナンスが、サービスとして組み込まれていることが多いです。また、利用者自身が自主的に掃除をすることで、ウォーターサーバーをかなり綺麗に保つことができます。

では、この綺麗に保つ、という点で比較すると浄水器は、どうでしょうか?

ウォーターサーバーと同様に、利用者が掃除をすればいいのではないか、とお考えになるかもしれません。

しかし、浄水器は、蛇口にとりつけたまま、常に濡れた状態で使用するため、菌が増殖しやすい状態に一日中放置されます。

また、ウォーターサーバーと違い、水道水をろ過するため、かなりの汚れが浄水器内のフィルターに付着します。 

この汚れが、フィルターの許容範囲を超えると、なんとフィルターを超えて、出てきてしまうことも! 

これでは、綺麗とはいいがたい状態です。

おいしい水を飲むためにはこまめなフィルター交換の必要があります。しかし、フィルター代がかかることや、取り替えに手間がかかるため、一定期間できちんとフィルターを交換する人は少なそうです。

もし、フィルターをこまめに交換するなら、衛生的にも安心ですが、そうではないと衛生的には、問題があります。

最後に、水の種類について比較していきます。

浄水器では、水の種類は、水道水に限られるのに比較すると、ウォーターサーバーは、天然水、RO水、水素水、と種類が豊富です。 

よって、この面で比較しても、水の種類の選択肢が多いということで、ウォーターサーバーは非常に利用者に寄り添っている、と言えるでしょう。

以上、ウォーターサーバーと浄水器の比較についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか。

価格の面で比較するとお得であるのは、浄水器ですが、それ以外の面で比較すると、ウォーターサーバーが優勢です。

価格に関して比較しましても、メンテナンス価格などといった安心料が含まれていると思えば、ウォーターサーバーの価格も法外に高いというよりは、むしろお得と言えるのではないでしょうか。

まとめ  ここまで、浄水器との比較についてウォーターサーバーを見ご紹介してきました。

ウォーターサーバーのおすすめについて、更に詳しく知りたい方は、詳細を見ていきましょう! 

こちら
ページ上部へ戻る