ランキングで一発!おすすめウォーターサーバーの比較

ひと目で分かるウォーターサーバーのメリットデメリット
最近、目覚ましい急成長を誇り、比較しきれないほどの数が存在するウォーターサーバー業界。

それはなぜかと言いますと、あとで詳しくご紹介いたしますが、水道水と比較した際、味の面でも、健康の面でも圧倒的に充実しており、おすすめポイントが沢山あるからです。

そのためか、世の中には比較しきれないほどのウォーターサーバーが存在します。

このように沢山あるウォーターサーバーを、自分ひとりだけで比較していくのは大変ですよね。

しかも、ウォーターサーバーの比較をする際、価格、水質、サイズなど重要視するポイントは人によって様々。そこで、当ページでは、上記のようなさまざまな観点から各メーカーを徹底比較いたしました。

各観点を細かくおさえることで、あなたがピッタリのウォーターサーバーを見つけるサポートをします。

それでは、さっそく各ウォーターサーバーの比較について詳しく見ていきましょう!

温度の範囲が広いウォーターサーバーは、どれ?

お水からお湯まで出るサーバー

さて、ウォーターサーバーは冒頭で述べた通り、比較する際には、さまざまなポイントが存在します。

ここでは、ウォーターサーバーを比較する際、意外と気になる温度範囲について紹介していこうと思います。

なぜ、温度範囲か、といいますと、インスタント食品を戻すときはたまた運動後に冷たい水を飲みたいといった場合、と様々な場面を比較しましても、必要になる水温はもちろん違います。

そもそも、ウォーターサーバーの温度は、各メーカーを比較した際、冷水で約10度前後、温水だと約80度前後が平均的です。

しかし、いざ温かいお茶を飲みたいときに、「あともうちょっと、温度がければ…」と、思うこともあるはずです。

ここでは、温度の調節ができ、他メーカーと比較して幅広い範囲の温度で使用可能な4つのウォーターサーバーについて詳しく比較していきましょう。

以下の表にあるチャイルドロック機能は、高温モードを出す際にロックがかけられるかどうか、ということです

ウォーターサーバー名 サントリーの天然水サーバー フレシャスdewo アクアクララ アクアアドバンス イワタニ 富士の湧き水
温度の調節段階 4段階 2段階 2段階 (ただし、再加熱ボタンをおせばすぐ約90度のお湯出る) 4段階 
電気代 /1ヶ月 約1,020円 約1,200円 約1,000円 約700円
省エネモード /1ヶ月 約720円 約330円 約350円 約525円
チャイルドロック機能 あり(二重) あり あり あり
以上、比較しましたように、ウォーターサーバーの温度調節ができることで、使用用途も広がります。

高温モードを使えば、インスタント商品を簡単にすぐに利用することができ、とても便利です。

ただ、ウォーターサーバーの温度を調節するには、電気代が必要になります。ここで、各ウォーターサーバーに搭載されている省エネモードを利用すれば、電気代が安くなります。

省エネモードを使うことで月の電気料金が、各ウォーターサーバーで比較すると、全て300円程度と、かなり安くなるところも魅力的です。

4つのウォーターサーバーを比較すると、アクアクララのアクアアドバンスは、再加熱ボタンを押せば、90度のお湯をすぐに作れて、電気代も安いため、お得。

現在、温度調節機能が付いているウォーターサーバーは、他メーカーと比較しても、主にこの4つしかないため、 ウォーターサーバーの温度にこだわりたい方には、おすすめです。

ウォーターサーバーを比較する際、温度と同程度重要であるポイントが水質。

次項では、硬度や、衛生環境といった水質に関して比較する際に重要なポイントをご紹介していきます。

水質という点での徹底比較!



水の種類から安全まで

それではさっそく水質の比較するべきポイントについてみていきましょう。

水質について比較するべきポイントは、下記の4つです。

ウォーターサーバーの水の種類の比較
硬水か軟水かの比較
メーカーの検査の比較
セルフ掃除の比較

まず、種類についての比較ですが、実は、ウォーターサーバーが提供するの種類には、大きく分けて2種類存在します。

それが、「天然水」と、「RO水」であり、水質に大きく関わっています。

天然水とは、別名ナチュラルウォーターといい、採水した水の衛生的処理のみを行った水のことです。採水した際のミネラルなどの自然の成分を出来る限りそのままウォーターサーバーは提供しています。そのため、水質が良く自然を味わえます。

一方で RO水は、天然水と比較すると、RO膜というきめ細かいフィルターに水を通し、汚れとともに、ミネラルまで一度取り除いたものです。そのため、天然水と比較すると、汚れがないという点での水質は格段。

ただ、このままのRO水は、天然水と比較した際、味に深みがない水であり、通常はこのあと人工的にミネラルを添加させます。

ただ、一部には、ミネラルを添加せず、純水(ピュアウォーター)として、販売しているウォーターサーバーも。

次に成分の観点からウォーターサーバーの水質を比較します。

このとき、比較するのは、ウォーターサーバーが提供する水が、軟水か、硬水かということです。

ウォーターサーバーの水には、ナトリウムやカルシウムやマグネシウムといったさまざまな成分が水道水と比較すると含まれています。

この含まれる成分の量をもとに、WHO(世界保健機関)が定めた基準に対して、軟水か硬水か、ということが判断できます。

具体的に、硬度 [mg/L] = (カルシウム量 [mg/L] )× 2.5 + (マグネシウム量 [mg/L] )で表されます。

つまり、ウォーターサーバーの水に含まれるカルシウム量やマグネシウム量が多ければ多いほど、硬度は上がっていきます。

この硬度が120 [mg/L]以下なら軟水、以上なら硬水です。

硬度が高ければ高いほど、ミネラル摂取量は増えますが、含まれるミネラルが多いため、水質はよく、一見何も問題はなさそうです。

ただ、水質は良いですが、マグネシウム量が増えると、軟水と比較して、水の味は苦くなります。

外国では、この水質が良いというポイントから、硬水が使われていることも多いですが、日本では、水質が日本料理とあうことからも軟水のみしかウォーターサーバーは使いません。

外国の水を飲むとおなかが痛くなる、という話は、この硬度の差、という水質によるものがほとんどです。

次に各ウォーターサーバーメーカーの検査、についてです。

各ウォーターサーバーメーカーは定期的に水質を検査し、公式ホームページに検査結果を掲載しています。

この検査は、提供しているウォーターサーバーの水質が安全なことと、放射性物質を含まないこと証明するためです。

各ウォーターサーバーで比較する際、定期的に水質検査の検査結果を公表しているサイトほど水質の高さを確証しやすいです。

(特に、コスモウォーターやネイフィールウォーターなどは、他メーカーと比較した際、検査結果が明確です。)

最後に、セルフ掃除についてです。

ウォーターサーバーの水質を比較する際、いちばん重要なポイントの1つです。

ユーザー自身が掃除をすることは、実はかなり水質に影響があります。

なぜなら、ウォーターサーバーは使用するたびに、汚れ、水質も落ちがちだからです。

そのため、手が触れやすい場所や、接続部など汚れがたまりやすい場所は毎日手入れをするようにすることが、水質を維持するには、かなり重要に。

以上、4つのポイントをみることで、各ウォーターサーバーの水質を比較しやすくなると思います。

ウォーターサーバーの水質比較の際は、ぜひこの4点を頭に入れてご覧になってみてはいかがでしょうか。

次項では、ウォーターサーバーを設置する際に必要なスペース確保のために、ウォーターサーバーのサイズについての比較をご紹介していきます。  

 サイズがお手頃なウォーターサーバーはこれだ!



コンパクトなウォーターサーバーは?

今までは、ウォーターサーバーを比較する際に必要なポイントである水質についてみてきました。

ここでは、いざウォーターサーバーを導入する際にお住いの部屋のスペースに設置可能かどうか知るために、ウォーターサーバーのサイズについて比較していきます。

一人暮らしでも、家族で住んでいる場合でも、ウォーターサーバーにできるだけスペースをさきたくない、と思う方は、比較的多いです。

ウォーターサーバーについて初心者の方でも簡単にお分かりいただけるよう、

卓上型のサイズ比較と床置型の比較についてそれぞれご紹介。そのうえで、それぞれのウォーターサーバーをサイズのみに注目し、徹底比較いたします。

卓上型は、キッチンなどの上に設置できるタイプで、床置型と比較すると、サイズのコンパクトさが特徴です。

一方、床置型は、卓上型と比較すると、サイズが大きく設置スペースは必要ですが、一度に搭載できる水の量や、機能が優れています。

では、まず卓上型ウォーターサーバーのサイズについて比較していきましょう。

   
横幅 奥行き 高さ
アクアクララスリムS 27cm 42cm 75cm
うるのん Grande卓上 27cm 36cm 85cm
良水市場 ショート 30cm 31cm 86cm


この3つが、卓上型の中で比較してもサイズが特に小さいです。設置スペースがなく、床置型は設置できる気がしないけれど、ウォーターサーバーを使用したい、という方におすすめです。

次に、床置型ウォーターサーバーのサイズについて比較していきましょう。

   
横幅 奥行き 高さ
アクアクララスリム 28cm 31cm 124cm
フレシャス スラット 30cm 35cm 111cm
フレール ウォーターサーバー 28cm 30cm 120cm
以上の3つが、サイズがスリムであり人気が高いです。

比較した際に見るべきポイントは、卓上型とサイズを比較した際、高さはありますが、横幅と奥行きは卓上型と比較しても、さほど変わらないということ。ウォーターサーバーによっては、卓上型と比較した際、横幅のサイズが小さいものさえ存在します。

つまり、高さだけ考慮すれば、床置型ウォーターサーバーに要するスペースは、卓上型と比較しても、そこまでいらないということ。

床置型のほうが、卓上型と比較すると、ウォーターサーバーの機能が豊富なものも多いため、設置しようと検討中の場所のスペースサイズを確認してみてはどうでしょうか。

以上、ウォーターサーバーのサイズについて比較してきました。

実は、床置型の横幅と奥行きのサイズ、つまり、床に設置する面のサイズは、比較すると、両方ほとんどA4サイズです。つまり、ノートほどのスペースさえあれば、ウォーターサーバーは設置できます。

ウォーターサーバーをスペースがない、という理由であきらめていた方は、ぜひスペースを探してみてはどうでしょうか。

ランキング形式でわかりやすく、比較します!



お水を格付け

さて、今までは、ウォーターサーバーを設置するスペースについて比較してきました。

ウォーターサーバーを設置するために必要なスペースが、思ったより小さくて驚いた方も多いのではないでしょうか。

ここでは、今までご紹介した、ウォーターサーバーの温度、水質、スペースを含め、ウォーターサーバーをランキング形式で徹底比較いたします!


ランキング第1位
アクアクララ
ランキング第2位
フレシャス
ランキング第3位 コスモウォーター
温度 ★★★☆☆ ★★★★☆ ★★★★☆
水質 ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★★
サイズ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆




堂々のウォーターサーバーランキング第1位は、アクアクララです。他ウォーターサーバーと比較した際に90度のお湯がすぐ出せることや、RO水であり、汚れがない綺麗な水のため、赤ちゃんや小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使うことが出来る点が素晴らしいです。

これに加えて、他ウォーターサーバーと比較した際、定期的なメンテナンスもあるのも嬉しいです。また、水のボトルを再利用しているため、環境にも優しい、といった、メリットがたくさんあります。

ウォーターサーバーランキング第2位は、フレシャスです。他社と比較した際のメリットとして、バナジウムが多く含まれている点が挙げられます。また、デザインも他ウォーターサーバーと比較しても、コンパクト。デザイン性では、他ウォーターサーバーと比較して圧倒的強さを誇る点も評価され、ランキング上位となりました。 2016オリコン満足度ランキング1位受賞という経歴もあり、見事ウォーターサーバーランキング第2位に。

ウォーターサーバーランキング第3位は、コスモウォーターです。他ウォーターサーバーと比較した際、天然水が3種類から選べる点や、水質検査を2ヶ月に行う、といった徹底ぶりが優れています。

ただ、フレシャスやコスモウォーターと比較すると、温度調節機能がないことがマイナス評価です。また、電気代を節約する省エネ機能はついていますが、フレシャスやコスモウォーターと比較すると100円程度ですが高い、という点でも評価が下がってしまいました。

以上、今まで述べてきた、温度、水質、スペースをすべて合わせたウォーターサーバーの比較をランキング形式でお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

もちろん、ウォーターサーバーランキング第一位のアクアクララが他ウォーターサーバーと比較しても素晴らしいことは、今までお伝えした通りであり、間違いないのです。

しかし、ウォーターサーバーを比較する際に水の綺麗さよりも、ウォーターサーバーを比較した際の成分に重きを置くという方には、ランキング第2位のフレシャスを、ウォーターサーバーを比較した際の価格が最重要だという方には、ランキング第3位のコスモウォーターをおすすめします。

ウォーターサーバーの魅力は、たくさんあり、比較項目ごとにランキングは変わるため、詳しくは以下をご覧ください。

温度

水質
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る