ウォーターサーバーの価格を徹底比較!

お得にウォーターサーバーと契約できる方法

「水道水を飲むのはちょっと不安だから、ウォーターサーバーを導入したい。けど、今と比較すると、1ヶ月にどれくらいお金が、かかるのだろう。。。

そうお思いで、価格がネックになり、ウォーターサーバー契約の最終決断が出来ないという方も多いでしょう。

実際に、ウォーターサーバーのメーカーは数も多く、毎月の価格を比較するのは難しいですよね。

そこで、ウォーターサーバーをレンタルする際の価格についてのおすすめが知りたい、そんなふうにお困りのあなたに。ウォーターサーバーをレンタルした際にかかる価格について、誰でもわかるようにイチから解説し、比較いたしました。

実は、ウォーターサーバーをレンタルする際に払うべきものは、どのメーカーを比較しても、水の価格だけではありません。

ウォーターサーバーの価格を比較する際には、水の種類、キャンペーン、レンタル価格、メンテナンス価格、といったウォーターサーバーをレンタルするのに伴う諸経費も比較しなければいけません。

当サイトでは、レンタル価格から、1ヶ月にかかる価格まで、ウォーターサーバーをレンタルした際に考えられるありとあらゆる価格を徹底的に比較いたしました。

それでは、

ウォーターサーバーをレンタル際にかかる価格にはどのようなものがあるのか、
それぞれを比較したときにどのメーカーが安いのか、
比較すると、どのウォーターサーバーがお得なのか、

の3点について一つ一つ項目を比較していきましょう。

レンタル時にかかる価格を、徹底比較!



諸経費から水代まで。

まずは、ウォーターサーバーをレンタルする際にかかる価格について比較していきましょう!

そもそも、レンタルする際にかかる主な料金としては、ウォーターサーバーの水の他に、このレンタル価格があるため、ここは決して無視はできません。

ウォーターサーバーが日本に導入された1980年代は、このレンタル価格が膨大であり、ウォーターサーバーをレンタルすることはとてもお金がかかるものでした。

しかし、時代の流れにつれて、以前と比較すると日本人の健康志向が高まり、ウォーターサーバーをレンタルする人も増え、どんどんレンタル価格が安価に!

しかも、最近のウォーターサーバーのレンタル価格を比較すると、なんと無料のウォーターサーバーもあります。

ここでは、どのウォーターサーバーの月々のレンタル価格がいくらなのか、ということについて比較しました。

 
クリクラ アクアクララ サントリー
天然水ウォーターサーバー
クリティア フレシャス アルピナ コスモ
ウォーター
富士おいしい水
無料
(3ヶ月で
6本以上の利用)
1,000円~1,500円 0円 0円 0円 572円 0円 0円
以上、表にまとめましたように、ウォーターサーバーのレンタル価格を比較すると、各メーカー大体0円~1,000円ほどです。

この中でも、レンタル価格が無料のものも多く、レンタル価格は、メーカーを選べば、無料にできます!

ただ、メーカーによっては、レンタル価格が無料でも、初期費用や、レンタルサーバー利用後ある期間が経過したら払うメンテナンス料を設けてあるところも多いため、ウォーターサーバーのレンタル価格を比較する際に注意が必要です。


今までは、レンタルする際にかかる価格について比較してきましたがいかがでしたでしょうか。

次項では、ウォーターサーバーをレンタルした際の水の価格と月にかかる価格について比較します。

ぜひ、一緒にみていきましょう!

ウォーターサーバーの価格は、メーカーによりこんなに違う!



メーカーにより、料金は様々

さて、前項では、ウォーターサーバーをレンタルする際にかかる初期費用と、ウォーターサーバーのレンタル価格について比較しましたがいかがでしたでしょうか。

ここでは、水のボトル価格と月にかかる価格について、それぞれ比較していきます。

まず、水のボトル価格について比較していきましょう。

500mlあたりの料金と各ボトルの大きさにおける比較

      
アルピナ 天然水アクアセレクト クリクラプレミアムウォーター コスモウォーター うるのん 富士の湧き水
RO水 天然水 RO水 天然水 天然水 天然水 天然水
55円 63円 65円 76円 79円 79円 84円

以上のようになり、ウォーターサーバーが提供する水を比較すると、一番価格が安い水は、アルピナのRO水ということです。

月額料金は、一ヶ月あたりに飲むウォーターサーバーの水の量によって、変わります。

また、水の価格と、前項で述べた月額のウォーターサーバーのレンタル価格によりまちまちです。

さて、一ヶ月に水を飲む量は、一人暮らしだと12Lです。もし、家族でお住まいの場合、 2人で40~50L前後、3人で60L前後、4人で80L前後と言われています。

もし、飲み水に限らず、料理をする際にもウォーターサーバーの水を利用するようでしたら、上記の数字に比較して、プラスアルファの量が必要です。

具体的な数字を出しますと、一番水の価格が安いアルピナのRO水を一人暮らしの方がご利用された場合の一ヶ月にかかる価格は、

アルピナのRO水を一人暮らしの方が使う場合

水の価格  1,023円
レンタル価格 617円
合計  1,640円

というようになります。

また、ウォーターサーバーを比較すると、月額平均価格として、1ヶ月3,000円を切るサービスもありますが、平均したウォーターサーバーをレンタルした際の月額は4,000円前後となっています。

このように、ウォーターサーバーを比較しても、提供する水の価格は、メーカーによりさまざま。

ただ、この価格に関しましても、各種キャンペーンを用いることで、現在上記に示した価格と比較すると、更に安くすることも可能です。

次項では、各メーカーのキャンペーンがどれほどお得なのか、ということについて各ウォーターサーバーメーカーについて比較していきましょう。

キャンペーンで比較するウォーターサーバーの種類



おいしい水をさらにお得に!

以上みてきましたように、ウォーターサーバーをレンタルした際の月の価格を比較すると、メーカーによりさまざまでした。

加えて、各ウォーターサーバーにどのようなキャンペーンがあるのか、という点の比較をすることで、ウォーターサーバーのお得度は変化します。

そこで、各ウォーターサーバーがどのようなキャンペーンを実施しているのか、という点と、そのキャンペーンは実質いくらぶんの価値があるのか、ということについて比較していきます。

では、どのようにウォーターサーバーのキャンペーンを比較していけば、価値がわかりやすいでしょうか?

ここでは、各ウォーターサーバーのキャンペーンを、購入した際の価格、つまり現金に換算して比較していきます!

以下の表を見ることで、どのウォーターサーバーがどれほどお得なキャンペーンを実施しているのかひとめで比較できる図を作成しました。

プレミアムウォーター アルピナウォーター アクアクララ ラピロスウォーター サントリー南アルプスの天然水サーバー ボトル
初回事務手数料
3,000円が無料
Webからの新規申し込みで
アマゾンギフト券2,000円
ボトル12L×4本
レンタル価格無料
サポート料
初月無料
ボトル1本分の価格で3本
申込時に2本、
半年後に2本無料でもらえる
ボトル15.6L×2本
5,000円 4,364円 3,900円 8,000円 2,300円
以上の表をみて分かりますように、なんとラピロスウォーターは、本来ならば、実質8,000円もする代金を無料にしています。これと比較して、プレミアムウォーターは、ギフト券といったユーザーが満足すること必須のキャンペーンを行っています。

しかも、上記の表全てのキャンペーンは、各ウォーターサーバーを契約するだけで受け取ることができます!

なぜ、契約するだけでキャッシュバックを受け取れるという一見当たり前のことを述べたか、といいますと、他の業界では当たり前ではないからです。

そのため、それらの業界と比較すると、ウォーターサーバーは良心的といえます。

以上、各ウォーターサーバーのキャンペーンについて比較してきましたがいかがでしょうか。

おいしい水を飲むためにウォーターサーバーを比較したい方がほとんどだと思いますが、キャンペーンもあるとなると、なおさらウォーターサーバーを申し込みたくなりませんか。

さて、キャンペーンも含め魅力の多いウォーターサーバーですが、解約せざるをえない状況におちいることもあると思います。

次項では、そんなときに気になる違約金についての比較をご紹介していきます。

違約金っていくらだろう…その不安、解決します!



解約条件とウォーターサーバー解約金

ここまで、ウォーターサーバーのキャンペーンについて比較してきました。

各ウォーターサーバーのお得さを体感することができたのではないでしょうか。

そうはいっても、諸事情からウォーターサーバーを解約せざるをえない状況もあると思います。

ここでは、そんなときに把握しておきたい、ウォーターサーバーの違約金が発生してしまう条件について比較していきます。

また、これに合わせて、ウォーターサーバーの解約時にかかる価格についても比較しました。

さて、違約金は主として、ウォーターサーバーを使用した年月が短い場合に必要となるもの。2年以上ウォーターサーバーをレンタルすれば、比較的に違約金が発生することは少ないです。

各ウォーターサーバーにより設けられている期間を比較すると、さまざまであることが多いです。ただ、6ヶ月、1年、2年という風に、ウォーターサーバーを使用する年月に比較して、違約金は変化することが主流です。

以下、各ウォーターサーバーを使用した期間による違約金を比較しました。

違約金の比較

 
コスモウォーター アクアセレクト うるのんクリクラミオ サントリー
6ヶ月未満 5,250円 5,400円 10,800円 8,640円 5,000円
1年未満 5,250円 5,400円 10,800円 8,640円 5,000円
1年後以降 無料 無料 10,800円(2年未満) 以降5,400円 8,640円(2年未満) 3,000円

以上のようになります。

これらのウォーターサーバーを比較してわかりますように、基本的に5,000円~10,000円ほどかかります。

では、なぜ違約金を払ってまで、やめる、ということになってしまうのでしょうか。

実は、各メーカーを比較すると、月に頼まなければいけない水の量が決まっているウォーターサーバーもあり、これをみたせないため、解約したい、という方も多いです。

こんな時に思い出してほしいのが、配送を一時停止するシステム。メーカーによっては、無料で水の配送を調節することができます。

以下、各メーカーについての一時停止の条件や価格について比較しました。

 
コスモウォーター アクアセレクト うるのんクリクラミオ サントリー
天然水 2ヶ月間
RO水 40日間
388円/月 1,000円/月 無料 (2ヶ月目から1,000円) 無料 (2ヶ月目から1,000円)

このように、各ウォーターサーバーを比較すると、無料、もしくは安価に配送は調節することが出来ることがわかると思います。

高い違約金を払う前に、一度思い止まって、一時停止を考えてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

ページ上部へ戻る